当たり前のことをあたりまえに

全てはお客様の大切な思い出のために。バス旅を通じて感動をお届けします。

 「地域No.1のサービスが提供できる企業」を目指して、ラビット急行は1994年の設立以来、安心・安全を最優先に、貸切観光バス事業を展開してまいりました。おかげをもちまして、2011年には安全性に対する取り組みを評価する「貸切バス事業者安全性評価認定制度」において一つ星を取得。2015年には最高ランクの三つ星を取得することができました。今後も「安心・安全はすべての業務に優先する」をモットーに、全社員一丸となって安全性の確保に取り組んでまいります。

 同時に、2016年に完成した新社屋のもと、設立時の思いを実現するべく、おもてなしの心を大切に、これまで以上に地域の皆様から愛されるラビット急行にしていきたいと思っております。その一つの取り組みがバス車両の充実です。当社では2014年より毎年、快適性と機能性を兼ね備えた新型バス車両の導入・入れ替えを実施してまいりました。また、バスにご乗車いただく時間がより一層快適で楽しいものとなるよう、乗務員による温かみのある接客サービスの向上にも努めております。

 バス旅行におきましても、地域密着だからこそ可能なツアー、地元のお客様に心から喜んでいただけるプランなどを発信する、提案型の企業に成長していきたいと考えております。「安全面に力を入れ、三つ星評価を取得しているバス会社だから、きっと素晴らしい旅行にしてくれるだろう」。そんな期待に応えられるような、お客様お一人おひとりに感動をお届けする旅の提供を目指してまいります。

ラビット急行株式会社 代表取締役社長松永 新一

ページトップへ戻る